勉強嫌いなら洋楽を聞こう!洋楽から学ぶ英語のリスニング力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語が嫌いでも洋楽は好きという人は少なくありません。机に向かっての勉強は苦手でも、好きな曲を聴くのが苦痛に思う人は、それほど多くないのではないでしょうか。

洋楽の英語が聞き取れなくても、音楽と一緒に聞くことで自然と頭に残りやすく、音楽を思い出すことで繰り返しのアウトプットにも向いています。

洋楽を聞いているけど英語は苦手という人も、この記事を読んで洋楽から英語を学んでもらいたいと思います。
今回はおすすめの洋楽アーティストと一緒に、洋楽を活用した英語学習方法を紹介していきます。

洋楽は英語のリスニングが苦手な人の学習に向いている?

英語を聞いても一つ一つの単語が繋がって聞こえて、全く何を言っているか聞き取れないという人でも洋楽を聞いて勉強になるのでしょうか。答えはYESです。単語がほとんど聞き取れない人でも、何度も繰り返して洋楽を聞くことで耳は自然と英語に慣れていきます。

また、興味のわきにくい英語教材をずっと聞いているよりも、興味のある自分の好きな洋楽を聞いている方がずっと集中して英語を聞くことができます。つまり洋楽はリスニングが苦手な人に特におすすめの英語学習法なのです。

もちろん洋楽を聞くだけでも勉強にはなるのですが、より効率的に英語力を伸ばしたいのであれば、洋楽を上手く教材として使う工夫が必要です。

効果的な洋楽の聞き方

洋楽を英語学習に生かすためには、洋楽の選び方や聞き方を工夫すると効果的です。ここでは洋楽選びと効果的な洋楽の聞き方を紹介します。

効果的な曲選び

スラングの少ない曲を選ぶ
日本のポップミュージックでも、スラングが多く一般的には使われない日本語表現の歌詞がついているものや、日本語として意味が通じるとはいいきれない凝った表現の歌詞がついているものがあります。これは英語でも同様で、そのような洋楽は、かえって混乱するだけで、英語教材としてはあまり向いていないといえるでしょう。

歌詞がしっかりとした文章になっていて、日常会話レベルの単語が多く含まれている歌詞の曲が英語学習には理想的です。

スローテンポの曲を選ぶ(英語レベルに合わせる)
ラップなど話し口調の音でも、発音スピードが早すぎて、ネイティブですら聞き取れないことがあります。それは日本語でも同様ですよね。それと同じことです。

比較的ゆっくりとした洋楽が聞き取りやすく、初心者には特におすすめです。

ミュージックの静かな曲を選ぶ
バンドなど楽曲が賑やかな洋楽は、歌詞よりも音楽に気が散りやすいです。楽曲よりもボーカルがメインの曲が集中していくことができて、おすすめです。

自分の得意な学び方に合わせる(聴覚・視覚・体覚)

リスニングが苦手な人が、いきなり聞き取りから勉強するのはもちろん難しいこと。自分の苦手な部分は得意な分野でカバーしておきましょう。

聴覚
聴覚からのインプットで記憶に残りやすい人は、まず何も見ずに曲を集中して聞きましょう。自分の聞き取りやすい単語と、聞き取れなかった単語を明確にして、聞き取れなかった部分の単語はしっかりと後からチェックしましょう。

曲の半分程度は自分で聞き取れるレベルが自分に合った洋楽とも言えます。1曲しっかりと頭に入ったら、次の曲に進むようにしましょう。

視覚
視覚からのインプットで記憶に残りやすい人は、まず歌詞を読むところからスタートしてみましょう。歌詞カードを見たり、歌詞をノートに全て書きうつすのもいいでしょう。

体覚
体を使って覚えるのが得意な人は、好きな曲をカラオケで歌ったり、友達と洋楽の歌詞について話すのもいいでしょう。お風呂に入っているときは洋楽を歌うようにするなど、場所と時間を決めて繰り返し洋楽を思い出す習慣をつけるといいでしょう。

聞き流さずに、しっかりと聞く

自分の得意分野から洋楽を聞くことで、聞き取れなかった洋楽も少しずつ聞き取れるようになってきます。特に日本人はRやLの発音を含む単語が苦手で、聞き取れなかった単語を集中して洋楽と一緒に聞くことで苦手意識がなく自然と頭に入ってくるようになります。

苦手な単語をそのままにせず、必ずチェックを入れてから次に進むようにしましょう。

アウトプットする

聴覚、視覚、体覚のどの入力が得意であっても、最終的には学んだことをアウトプットすることでしっかりとした記憶に定着します。聞き取りにくい部分は自分で発音してみる習慣をつけましょう。また、自分で歌える、自分で発音できるようになることで英語はより一段と聞き取りやすくなっていきます。

英語学習におすすめのアーティストベスト3

カーペンターズ

カーペンターズの曲は曲のスピードもゆっくりで1つ1つの単語がしっかりとしているので聞き取りやすく、アウトプットもしやすい曲が多いです。「Top of the world」は特に誰もが知っている有名な曲の1つなので、カーペンターズを聞いたことがない人でも英語学習に使いやすい曲です。

ブルーノ・マーズ

ブルーノ・マーズでおすすめなのは「The Lazy Song」です。PVもついつい見入ってしまう可愛いおさるさんが登場します。週末の朝をイメージするようなのんびりとした歌詞で、ネイティブもよく使う単語が含まれているのでこの1曲を聞けば明日から英会話で使える単語が増えるかもしれません。

キッズソング

カーペンターズもブルーノ・マーズもまだまだ曲のテンポが速いと感じる人は、キッズソングがおすすめです。特にリスニングが苦手と感じる人は、キッズソングで単語1つ1つのクリアな発音を音楽と一緒に聞くことで、正しい発音を覚えることができます。例えば「Do Re Mi Song」(ドレミの歌)など、意外とキッズソングは英語初心者に良い教材となります。

まとめ

洋楽を聞いても全然英語が得意にならないと感じていた人は、洋楽の選び方が間違っていたのかもしれません。もちろん自分が好きな曲を聞くことも大切ですが、自分のレベルや得意な勉強方法に会った洋楽を選択することで、より効率的に楽しみながら英語を学ぶことができます。

自分の好きな洋楽をしっかりと理解するためにも、簡単な曲から耳を英語に慣らしていきましょう。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する