アメリカをAmericaと表現するのは正しくないってほんと???【今日の英語マメ知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカはAmericaという英単語で表現されることくらい、小学生でも知っていることですよね。しかし、このAmericaが実はネイティブにはあまり使われていない、という事実をご存知でしょうか。

まさかと思った人は、これを機にアメリカ英語のローカルルールををぜひ覚えてみてくださいね。【今日の小ネタ】では、教科書やテキストにはない、様々な「ちょっとした小ネタ」をご紹介します。

「アメリカ」はAmericaとは呼ばない!?

アメリカ=America、ロサンゼルス=Los Angelesのように伝えてももちろん大丈夫なのですが、アメリカ人たちは普段、ちょっと違った言い方を使っています。

アメリカ人は、自分たちの国のことをthe States、the U.S.のように呼びます。

Americaは地理で言うと南北の「アメリカ大陸」のことで、国名をきちんと言うならthe United States of America(アメリカ合衆国)です。

ただし、”アメリカ人”としてのアイデンティティを強調したいときは、トランプ大統領が言ったMake America Great Again.(アメリカを再び偉大にしよう)のように、America という語を使うようです。

▼The Statesを使った例文

I’m from the States.(私はアメリカ出身です)

▼アメリカ出身というときの英会話-例文

A: Where are you from?
(どこの出身ですか?)
B: I’m from the States.
(アメリカ出身です)
A: Oh, which part or the States?
(ああ、アメリカのどちらですか?)
B: LA, California.
(カリフォルニアのロサンゼルスです)

「ロサンザルス」はLos Angelesではない!?

アメリカ人は普段、「ロサンゼルス」のことをLA(エルエー)と呼びます。日本人が使う「ロス」という略し方は、アメリカ人には通じません。ちなみに「ニューヨーク」はそのままNew Yorkで、NY(エヌワイ)と略したりはしません。

会話の中で急に出てきても戸惑うことがないよう、知識として身につけておきましょう。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する