クリスマスに!映画「ホリデイ」で学ぶ英会話☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今年も残りわずか、あっというまにクリスマスシーズンがやってきました! 昨年の「ラブ・アクチュアリー」に続き、今年は「ホリデイ」から使えるフレーズをご紹介したいと思います。

cover『ホリデイ(The Holiday)』

(Copyright©2006 Columbia Pictures Industries, Inc. and GH One LLc. All Rights Reserved. 配給元/UIP)

クリスマス直前になって恋に破れた女性2人が、家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”をして新たな人生を開花させていくラブストーリー。ハリウッドの映画予告編制作会社の社長・アマンダ(キャメロン・ディアス)はロンドンへ、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス(ケイト・ウィンスレット)はビバリーヒルズへと旅立ちます。単なる恋愛物にとどまらず、人生を前向きに変えていくポジティブなメッセージにあふれた映画。

英語学習素材としては、アメリカ英語・イギリス英語の両方が聞ける点も魅力です☆

自分の家族や仕事、性格を語るフレーズ

アイリスの兄グラハム(ジュード・ロウ)とアマンダがお互いを知るためにディナーをするシーンは、自分の家族や仕事、性格などについて語るとき、そして相手の話にあいづちを打つとき参考になるフレーズが満載です。セリフを一部ご紹介しましょう。

01
アマンダ:
l realized that l’d better toughen up. And, well, l got through it and sort of haven’t cried since.

(強くならなきゃダメだと思ったの。そしてそれを乗り越えて、それ以来泣いていないわ)

toughenは形容詞tough(強い、たくましい)に接尾辞-enがついた形で「強くする」という意味の動詞です。
get throughは「乗り越える、切り抜ける」というイディオム。前置詞throughのイメージは「通り抜け」ですが、困難なことを経験する・切り抜けるときによく使われます。go through「(大変なこと・辛いことを)経験する」というイディオムも会話で頻出なので、ぜひ覚えておきましょう!
(例)I know what you’re going through.(あなたの辛さ・大変さ、分かるよ)
through
 sort of(またはkind of)も、会話で頻出するフレーズで、「幾分、~みたいな」というあいまい表現です。発音がそれぞれsorta(ソータ)、kinda(カインダ)のように省略される上に、名詞・形容詞・動詞・文全体…とあらゆるものを修飾するので、慣れていないと聞き取りも難しいと思います。知っておくと、断言するのを避けたいときにちょこっと使えて便利なので、使い方の例をご紹介しますね。

1.名詞の前

He’s sort of/kind of geek. 彼はオタクっぽい

2.形容詞の前

She’s sort of/kind of stuck-up. 彼女ってなんかお高くとまってる

3.動詞の前

He sort of/kind of likes you. 彼はあなたのことが好きっぽいよ

4.文全体を受けて

Do you have a girlfriend? 彼女はいるの?
 -Sort of/Kind of. ある意味ね
 -Sort of/Kind of? ある意味?
 -It’s complicated. 複雑なんだ

傷ついた人に寄り添うフレーズ

彼女に浮気され傷ついたマイルズ(ジャック・ブラック)に自分の姿を重ね、共感するアイリス。
03
アイリス:
l know it’s hard to believe people when they say, “l know how you feel.” But l actually know how you feel.

(「あなたの気持ち分かるよ」なんて人に言われても信じられないでしょうけど、私は本当に分かるの)

このセリフが表しているように、I know how you feel.(あなたの気持ち分かるわ)は本当に定番フレーズ。けれどこんな風に言うことで、口先だけではなく本当に共感していることがより伝わりますね。
I know exactly how you feel.とexactlyを入れて強調することや、I’ve been there.(私も同じ経験をしたから)と言うこともあります。I’ve been there.には「その場所へ行ったことがある」という文字通りの意味もありますが、「私も同じ場所にいた=同じ経験をした」という意味でもよく使われます。

恋愛や結婚にまつわるフレーズを押さえておこう

「別れる」「付き合う」「デートする」など、恋愛や結婚にまつわるフレーズを覚えておくと、ラブコメを観るときに役立つだけでなく、実際に英語でプライベートの話をするときにとても便利です。(私はこれらのフレーズをほとんど知らなかったために、ネイティブとの雑談で何も言えず、もどかしい経験をしたことがあります(^_^;)

「ホリデイ」に登場するフレーズの中からピックアップしてご紹介します。ぜひ映画の中で探してみてくださいね☆

fall in love with~:~に恋する be in love with~:~に恋している<状態>
loved one:最愛の人(配偶者や恋人など)
love someone back:~の愛に報いる(愛してくれている人を愛する)
be head over heels (for~):まっさかさま=(~に)夢中、ぞっこんで
fall for~:~に惚れ込む、だまされる
get to know each other:お互いをもっとよく知り合う
go out with~:~とデートする、出かける
be in a relationship:ひとつの関係の中にいる=恋愛関係で、付き合って
long-distance relationship:遠距離恋愛
be seeing/dating~:~と付き合っている(現在進行形で)
get engaged:婚約する get married:結婚する
ladies’ man:女たらし、色男
love
break one’s heart:~の心を打ち砕く、胸を張り裂けさせる
cheating:浮気 ※cheat on~:~を裏切って浮気する
break up (with~):(~と)別れる
ex-boyfriend:元カレ ※exとだけ言うことも。元カレ、元カノ、元夫、元妻を指します
divorced:離婚した move out:家を出ていく
get over:乗り越える、立ち直る ※get over~:~のことを忘れる、あきらめる

いかがでしょうか? ラブコメやヒューマンドラマは、やはり日常英会話のお手本としてはベストだと思います。

さて、今回が今年最後のコラムとなりました。Hope you have a lovely Christmas holiday and a fantastic new year! ;)来年もどうぞよろしくお願いいたします。

※コラム内の映画『ホリデイ』のセリフ等に関する著作権は著作権元及び映画配給元に帰属します。Copyright©2006 Columbia Pictures Industries, Inc. and GH One LLc. All Rights Reserved. 配給元/UIP

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。