会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう【キャリアアップのためのビジネス英語講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンで自分の意見を伝えるとき、いつも “I think…”と言っていませんか?「〜と思います」のニュアンスをちょっと使い分けるだけで、より正確にあなたの考えを伝えることができるんです。今回は、そんな「〜と思います」のパターンをいくつか覚えましょう!

1. 「90%以上の確信をもって思う」ときは “I believe”

90%〜100%の確信と強い意志をもって、あなたの考えを伝えるときは “believe” を使います。

“Regarding to the time limit, you mentioned that the project must be completed before the beginning of April. But, realistically speaking, this may be difficult to achieve. I believe that we should extend this time limit by one month.”
プロジェクト期限について、4月初めまでに完了すべきとありますが、現実的には達成は難しいと思います。私は、期限を1ヶ月延ばすべきだと思っています。

2. 「70%以上の確信をもって思う」ときは “I think”

70%以上の確信をもって、あなたの考えを伝えるときは”think”を使います。
ビジネスシーンでも応用範囲が広い言葉ですが、「ちゃんと根拠があってそう思う」ときだけ使いましょう。

“Based on our preliminary work on the project, I think strategic marketing is essential if we are to increase our share of the market and it will work.”
プロジェクトを少し進めただけの段階ではありますが、我々が市場シェアを拡大するためには戦略的なマーケティングが不可欠であり、私はそれはうまくいくと思います。

“I think” より丁寧で控えめな表現として “I suppose” があり、50%〜80%の確信をもって意見を述べる際に使えます。よりかっちりした場面でオススメです!

3.「特に根拠がなく思う」ときは “I guess” や “I assume”

“guess” や “assume” は、「推測で、特に確かな根拠がなくそう思う」ときに使う言葉です。カジュアルなブレストシーンでは良いですが、根拠なく言うことなのでかっちりしたブレストシーンではあまり連発しないようにしましょう。

“I guess this may not be top priority in relation the project.”
これはプロジェクトにとっては、たいして重要じゃないと思いますけど。

4. 「言いにくいことなどを遠慮がちに伝える」ときは “I would say that…”

言いにくいことを控えめな表現で伝えるときには “I would say” が便利です。これは「もし仮に言わせていただくとすれば」と謙虚さを表せる仮定法の表現です。

“I would say that there are some bad points and we should cover them.”
いくつか欠点があり、それらを補ったほうが良いのではと私は思います。

いかがでしたか?
「~と思う」という言葉だけでもいろんなニュアンスがありますね。ニュアンスを使い分けることでより的確に考えを伝え、あなたの存在や光るアイデアを存分にアピールしていきましょう!

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する